秋の味覚を店頭で

私はいつも食材の買い出しは週に1回まとめてしています。

先日も、スーパーの特売日に合わせて、週1回のまとめ買いをしにいったのですが、

少し前までは夏野菜が並んでいたお店も、すっかり秋めいてきて、

栗や梨、サツマイモなど秋の味覚がそろい踏みでした。

まだまだ暑い日は続きますが、やはり店頭で秋の食材を見ると、

季節の移り変わりを感じますね。

本当は、別のメニューを作る食材を買いに行ったのですが、

ついつい、サンマに大根おろし、栗ご飯など、

秋の味覚を楽しむメニューに変更してしまいました。

日本には四季という物があり、その季節を楽しむ食文化があります。

私は特に伝統に詳しくもなく、文化的な人間ともとてもじゃないけれど言えませんが、

季節の移り変わりを目で楽しみ、舌で楽しむと、

日本人に生まれてきて本当に良かったと思えます。

季節の食材を楽しむことは心の豊かさも育てますし、

やはり旬の物は栄養価も高く、価格もお手頃になります。

旬のものを楽しむと言うことは色々な面で理にかなっているんですね。

私は子供を育てているのですが、

これからもできるだけ食事からも季節を取り入れて行きたいと思います。

子供にも季節を感じる日本人の繊細な感性を持って欲しいですからね。