母性本能をくすぐられるような選手

スキージャンプ競技といえば、女性は高梨沙羅選手や伊藤有希選手、男性は葛西紀明選手がぱっと頭に浮かびますが今回平昌オリンピックで男子選手で一番調子が良かったのは21歳の小林陵侑選手でした。最初、選手の顔写真が紹介された時はお兄さんの小林潤志郎選手と兄弟で出場しているんだなぐらいで話題はもちろんレジェンド葛西選手が圧倒的に多かったのであまり気にしていませんでした。

でも、ジャンプを跳んで降りてきてゴーグルで見にくい感じではありますが、手の振り方とか首をかしげる感じが可愛らしく映りました。ラージヒルの時、跳ぶ順番は早かったのですが結構な間暫定1位で何度もテレビに顔が映りました。

ゴーグルを取った顔は写真よりも可愛らしくて表情やしぐさがおどけた感じで笑わせてもらいました。ノーマルヒルは7位入賞、ラージヒルは10位と日本勢ではトップの成績で個人競技を終えました。さらに団体戦ではエースとして最終滑走で締めくくりました。

お兄さんの潤志郎さんが弟の陵侑選手が跳ぶたびに見届けている姿も印象的でした。弟が心配で仕方がないような感じが伝わってきました。けれど、弟は意外にも本番に強くて風にも恵まれていました。何か持っている選手なのでは?と感じました。

目指せインナービューティー!白湯ダイエット中!

寒い日が続き、外でウォーキングもできないのでどんどん体にお肉がついてきてしまいました。

そこで家で手軽にできる白湯ダイエットを始めました。

白湯ダイエットは、朝起きた時や食事の前、寝る前に白湯を飲むだけというダイエット法です。

毎日白湯を飲むことで代謝が上がりダイエットになるという方法です。

最初は味のない飲み物を飲むことに抵抗があったのですが、朝から白湯を飲むと早朝の寒いキッチンでも体が温まるのですぐに習慣づけることができました。

白湯でお腹が膨らむので間食も減りました。

効果が出るまで1か月程かかりましたが、便秘も徐々に解消されてきて、今までいろいろなダイエットに挫折してきた私でも、こんなに手軽にダイエット効果の出るダイエット法なら続けていけそうだと思いました。

ただ、白湯は味がないのでそろそろ飽きてきそうな気がしています。

ここでやめてしまうとリバウンドしそうで怖いので、レモン汁を絞ったりはちみつを入れたりしてアクセントを付けてみようかと考え中です。

きっと体の中にはまだまだたくさん毒素が溜まっていると思うので、きれいにすっきり出し切れるように頑張りたいと思います。

白湯の他にもデトックス方法を探して試してみたいです。

スポーツ選手の現役中と引退後。

私はフィギュアスケートを観るのが好きですが、男女ともに世界で活躍する選手がそろっていた黄金時代と言われた時代を見てきました。浅田真央さん、高橋大輔さん、安藤美姫さん、織田信成さん、鈴木明子さん、小塚崇彦さん。少し年下に羽生結弦選手、村上佳菜子さんがおりライバルだけどとても仲の良い選手たちを微笑ましく思っていました。羽生選手以外はみなさん引退してしまいましが、アイスショーなどで一緒に滑っている姿をよく目にします。

その中でこのところテレビ番組でよく顔を見るのが村上佳菜子さんです。少し前は織田信成さんがかなり露出が多かったのですが、スケートのコーチ業に専念することで村上さんが代わりに番組に出ていることもあります。村上さんというとジュニアの時代は世界選手権で優勝し、シニアデビューの年も良い成績を収めていました。ところが、ソチ五輪以降はジャンプの不調が戻らず引退となったのです。けれど、彼女は現役中もファンから愛されていた選手だったようです。それに、引退した後も愛されキャラでバラエティ番組等に出て新たな一歩を踏み出したような気がします。元々華のある選手でしたが、引退してからさらに彼女の素晴らしい人間性が際立っているように感じます。