延々3日以上に渡るダビングとの持久戦がようやく終了

正月休みの間に、長年にわたり録りためた録画を整理しておこうと思い立ちました。

使用しているレコーダーはディーガで、容量はかなりあります。

レコーダーを購入した当初は、これだけ容量が大きければ、かなりの本数の録画を収納出来そう、と思っていたのですが、さすがに数年の歳月に渡って録画を溜め込んでいった結果、もう満杯に近い状態になっていることに気がつきました。

録画を視聴したらすぐに削除するか、あるいはこまめにダビングすればいいものの、見る時間がなかったり、一度みた限りで削除するのももったいないし、また見直したくなることもあるかもしれないなど、煮え切らない性格が災いして、とうとうHDDが満杯になった次第です。

ダビング先は、パナソニックの100GBの容量があるブルーレイディスク。

これだけ容量があれば大丈夫だろうと思っていたのですが、いざ、ダビングを開始しようとすると、録画本数が多すぎて、通常のやり方では収まり切れないため、それなりの追加的な処置が必要との警告が出てしまいました。

それが何を意味するのか理解もできないまま、「まぁいいか」と実行ボタンを押したまではいいのですが、いくら待ってもダビングが終わらない事態に直面しましました。

てっきり、その日のうちには片付くと思い込んでいたのですが、翌日もまだ続いているありさまです。

もしかして、フリーズしてしまったのかと思い、表示をみてみると、そうでもなさそうです。しかし、あとどのくらい時間がかかりそうなのも、わかりません(どこかに表示されているのかも知れませんが、操作自体に精通していないため、知るすべもなく)。

ただ、ひたすら粛々とダビングを実行しているらしい音だけが聞こえてきます。

夜、布団をかぶって寝ようとしても、レコーダーからのチクチクという音が容赦なく耳に入り込んできます。

どちらかというと、せっかちな性分の私は、もう途中で止めようかとも思ったのですが、どうやって、ストップをかければいいのかもわかりません。

しょっちゅう、レコーダーをのぞき込んで様子を伺うのにも疲れはて、もう終わるまでつきあうしかないと腹をくくっての臨んだところ、今朝、ふとみると、ダビング中であることを示す表示が消えていました。

何時終わるとも知れなかったダビングとの戦い(?)はようやく、終わりを告げたのです。

私はヤレヤレと嘆息し、無事終了したことに心底、ホットしました。

昆虫博士

小学校低学年にして、クラスで昆虫博士と呼ばれている我が子ですが、実は幼稚園時代はカブトムシすら触れないような子供でした。

近所にカブトムシを飼育している施設があるのですが、見に行っても眺めるだけ。

自分よりも小さな子が平気で持ち上げているのを見ても、自分もやってみようと思うようなタイプではありませんでした。

男の子は虫好きという固定観念はここで打ち砕かれ、もしや私が虫嫌いなのが悪いんだろうかとちょっと悩んでしまったことも。

そうこうしている内に年月は過ぎ、現在。

学校の校庭や帰り道でダンゴムシやテントウムシを捕まえて帰ってくるようになりました。

当然週末は主人と大きな公園に虫取りに。バッタや蝶なら可愛いもので、カマキリやその餌となる昆虫を次から次にと捕まえてくるように。

一歩外に出歩けば何処かに虫はいないかなど、探しながら歩く始末(笑)

今では家に昆虫関係の本が何冊も積み重なり、学校の図書室で借りてくる本も昆虫を中心とした虫関係の本ばかり。

好きなもののこととなると貪欲なのが子供のいいところ。

あの虫の特徴はこうでああでと頼んでもいないので饒舌に語りだし、こちらが中断させることもしばしば。

今ではもう虫嫌いだったことなど本人も忘れていそうな勢いです。

子供も大人も何が切欠で興味を持つか分かりませんね。

読書に偏りがあるのは多少気になりますが、将来はペットショップで働きたいと意気込むくらいに大好きな昆虫。

是非とも将来「好き」を形にしてもらいたいものです。

母とのお出掛け

久しぶりに母と2人で地元のショッピングモールにお出掛けてして来ました。

行ったのがお昼時だったのでまずは腹ごしらえとフードエリアに行って、そこのサブウェイで食事をしました。

サブウェイのサンドイッチは久しぶりに食べたのですが、やっぱりあの店のサンドイッチは美味しいですよね。ついつい私は追加でもう一個買って食べちゃいました。

その後も甘い物が欲しくなって、隣の店で餡みつと善哉を買って来て2人してぺろりと平らげました。

食後に少しおしゃべりして食休みをしてからショッピングモール内を歩き回りました。

特に欲しい物があった訳ではないのですが、モール内のお店に飾られている服とか小物とかを見ているだけでも楽しかったです。

最後に母の好きなユニクロに行きました。

母は真っ先にお買い得品のある所に行くと真剣にそこの商品を手に取って吟味し始め、その中にあった2点を私の所に持って来ました。

母の手にあったのは私の好きな色のフード付きの温かそうな上着と部屋着用の黒いズボンでした。

以前に私がそろそろ上着とズボンを買い替えるべきかと言ったのを覚えていてくれてその2つを探してくれたんです。

私はそんな事を言ったのをすっかり忘れていたので、そんな些細な事を覚えててくれてちょっと嬉しかったです。

しかもその2つは通常価格よりもかなりお安くなっていたので、即決して買いました。

思いがけず嬉しい買い物をしてしまい、とても楽しい母とのお出掛けになりました。

予定を立てることへのためらい

これまで、子供二人の幼稚園が行事の振替などでたまたまお休みになったりする時は、前々からどこに連れて行ってあげようかと色々と考えていたものでした。

せっかく平日が珍しくお休みなのだから、いつもなら土日で混み合う場所も空いているというわけで、遊びに連れて行きたいところはたくさんあるのです。

そこで、どこに行こうかな、あそこが良いかなあと子供たちに相談していたんです。

けれど、そういう時って決まって二人のうちどちらかが具合悪くなってしまうのです。

そういう時は夫は仕事だし、誰に預けるわけにもいかないのでせっかくの貴重な平日のお休みを家で寂しく過ごすことが多かったのです。

だから最近では、予定は立てないことにしています。

その日の朝になってみないと調子も分からないし、その時の子供に合わせて臨機応変にやっていかないとならないんだと今更ながら思うようになりました。

子供なんて、ただでさえ体調の変化が著しくて読めない上に子供自身ではそれに気付きにくいため、本当に予定なんて立てるだけ無駄なんです。

子供は体調管理も自分ではできないのだから、あまり休みだからってワクワクしてスケジュールを詰めすぎると、その予定が全滅になってがっかりする可能性が大きいですものね。

幸せのパンケーキ♡

パンケーキを食べに行きました。店名はそのまま「幸せのパンケーキ」です。

ストレートな店名ですよね。ストレートに幸せが伝わります。言葉が薄い。

なんというか、パンケーキを食べる前にすでに幸せになれちゃってお腹いっぱいになってしまったということです。

お店の名前って、いかに覚えやすいかが大事だなと改めて思いました。

店名を見て、「ここはパンケーキ屋なんだ」とすぐわかりますしね。

店名と、数種のパンケーキの写真が書いてあるだけのシンプルな看板が道に置いてあり、道を歩く人たちが立ち止まってじっと見てました。

私もその一人です。

女性は若い子からマダムまで幅広く、若い男性もいました。

店内は、お昼の時間を避けてもほぼ満員状態でした。

フルーツや抹茶、チョコレートがかかっているものなどいろいろあるのですが、私が選んだのは店名にもなっている「幸せのパンケーキ」です。

ふわっとした厚みのあるシンプルなパンケーキが3枚、ホイップクリームとキャラメルソースがとろ~んとかかっていて、心のうちでは「ほあぁぁぁああ!!!」状態ですが、まあ、ポーカーフェイスのわたくしはクール(?)に振る舞いました。一人だったし。

でも、自分のポーカーフェイス路線とは裏腹に、勝手に口角が上がっているのも感じていました。

頬の筋肉がぷるぷるすんねん…

パンケーキはもちっ、ふわっとしていて、ポーカーフェイスは冷たい北風に乗ってどこかへ飛んでいきました。

まるで赤ちゃんや子犬を見ているときのようなやさしい気持ちになり、顔の筋肉も勝手に緩みました。

幸せな時間でした。

このお店はやっぱりいつも人が多いのかな?もっと人や時間の流れがゆったりしていたらよりベターなんだけど、そうも言っていられませんね。

今度は友達を連れていきます。

友人が来る事を口実に家の中の掃除をするきっかけを作る。

数年ぶりに高校の友人を自宅に招きます。

その為に私が数日前からしなくてはいけない事は掃除です。

家の中は兎に角汚いです。掃除は気が向いた時にしかしません。子供もへっちゃらの状態です。

出来るだけ一週間に1回は最低でも掃除機をかけようとは思っているのですが、仕事が忙しくてその様な事をしている時間がありません。

時間があれば、他の自分のしたい事をしているからです。

しかし、今回は友人を招いてしまったのでそうも言ってられません。掃除機を掛けて、ついでに家電やトイレ掃除、掃除機の掃除までもするつもりです。

仕事に行くまでの1時間を掃除の時間にしました。やりはじまると調子に乗るタイプでどんどんしたくなります。

あれもこれも気になったり、綺麗になったら心からウキウキします。

今日は子どものおもちゃを保管室の方に移動させました。毎日気に入って遊んでいるおもちゃ以外は一旦、他の部屋に移動させたのです。

リビングに置いているおもちゃ箱をどけて掃除機をかけました。するとTVの裏側が気になり、掃除機で埃を吸いました。

キッチンの掃除をすると電子レンジの裏側が気になりました。移動させて、せっせと埃や汚れを除去します。

やり始めると目移りする位掃除は楽しいです。

明日は換気扇をします。

後片付けをしない済む事も外食の魅力の一つです

主婦の目からみた「外食な魅力的」と感じるのです。一番に良い事として、後片付けをしない済む事も外食の魅力の一つです。家とは違ったムードでの、お食事はとても楽しみであるものです。外食の一回あたりの費用などは、食事内容で勿論違いもありますが、思っているよりも少なめにする事であとの生活ににはひびかないと思います。やはり焼肉を食べにいくと、家族人数により違いはありますが、一万円以上の見積もりをしておきたく思います。手元で注文できる全国的に有名な焼き肉屋さんに、行った事がないので行ってみたいのです。食べ放題という事もあり、どうしても欲がでる気持ちとなってしまいます。焼肉屋さんでも、食べ放題ではなくハーフの量を注文できる所があります。女性に似合う、注文の量となる場合もあると思います。

外食するにも、お店側はビールですとかお飲み物で儲ける傾向もあります。お皿に盛りつけているお惣菜を、自分でとるお店に行った事があります。少しレトロな感じがしたお店は、やはり長年続いているものです。でも少しショックな事として、足もとの汚れが気になりました。このお店は大衆食堂の様な、雰囲気と思われました。現代はやはり綺麗な雰囲気で外食をする事は、満足度が高いと感じるのです。一番良い外食の感じとしては、少しでもお安めで、美味しくて、清潔感があるそんなお店が好きです。主婦の立場から、その様に強く感じる人も多くいらっしゃると思います。

台風が来てるというのに今日はものすごくいい天気!

北海道のあちこちに雪が降り、もう積もっているところさえある。

あっというまに11月が来ようとしていて少し焦っている。

ここ数日前から冬囲いのことが気になっている。

何日か前までは天気がぐずつき寒くて雪も降ってきそうなので手を出すことができなかった。

今日は気温も上がっているし、ものすごくいい天気!

午後から花畑の作業をしようと思っている。

突発的なことが出てこなければいいなあと思いつつ、まずは家の中の片づけをおわらせることにしよう。

お客さんが来るとなかなかゆっくり片づけられない。

バラや紫陽花の剪定もしたいし、球根も植えたい。

植物は生きているので日々発見がある。

もう花は終わってしまったと思っていたところに小さな花が咲きとっても愛らしい表情を見せてくれることがとても嬉しい。

最近はなるべく費用も手もかからないようにと宿根草を多く植えている。

何を植えたのかがわかるようプラスチックの札に名前を書いて指しておく。

ところが春になったらどこかに飛んでいってしまう。今年は入念に作業したいと思う。

来年にはどんな花が咲いてくれるか楽しみ。我が家の花には赤が少ない。

長い時間咲いてくれるものをチョイスして赤の花が咲く物を増やすことにしようと思う。