大学の先輩に片想い・・・

大学2年生の頃、年下の男性と付き合っていたのですがこっぴどく振られ、落ち込んでいたところを元気づけてくれた先輩がいました。先輩の話がとにかくおもしろくて、失恋に落ち込みまくっていたわたしでしたが、先輩といると自然と笑顔になりました。

仲間内で花火を見に行ったり飲み会をしたりご飯を食べたり、その先輩と会う機会も増え、気づくと好きになっていました。しかし自分の容姿に自信もなく恋愛経験も少ないわたしは告白する勇気もないまま、先輩の卒業式を迎えました。想いを告げる勇気はないけど近くにいたい!というどうしようもないわたしは、卒業式後の送別会の時もずっと先輩の近くをウロチョロしていました。先輩はそんなわたしを嫌がるわけでもなく、「おいで」といって手をつないでくれたり、帰りのタクシーで頭をなでてくれたりしました。「脈ありか!?」とドキドキしながらも、やっぱり告白することはできず先輩は就職して地元に帰ってしまいました。

それから1年半が経ったある日、先輩から突然電話がかかってきました。相変わらずまだ好きだったので、「なんとなくかけた」という先輩に対して少しの可能性を信じ、彼女の有無を聞きました。すると、「いる」とのこと。「じゃあなんでかけたんだよ!」と叫びたい気持ちを抑えながらも心底がっかりしたことを覚えています。それでもこうして後輩として構ってくれるならそれでいいと思い、その後も度々LINEのやりとりを続けていました。わたしが卒業するときに「実は好きだったんですよ~」と笑って伝えるくらいでいいかなと思っていました。

そんな連絡のやり取りを続けていたところ、なんと先輩からLINEでいきなり告白されたのです!思わず「なんでLINEなんですか!」と先輩に言ってしまいましたが、長年片思いをしていた先輩から告白されて、嬉しさと「なんで?」という疑問でいっぱいでした。そのあとすぐに電話をかけてきてくれた先輩。勇気が出なくてLINEで言ってしまったこと。彼女とは別れたということ。自分の変な話にもノってくれるところが好きだということ。今思えば、前から好きだったと思うけど気づくのが遅かったということ(なんだそれ(笑))。電話でいろいろ話してくれました。

ずっと好きだったのでもちろんOKして、いまはお互いの地元で社会人として暮らしながら遠距離恋愛中です。付き合ってもう2年になろうとしています。この先一緒になるのか、はたまた別の道を歩むのかまだまだわかりませんが、大事にしていきたいと思います。

ほんとはここ→実は会えない?料理教室での出会いのメリット&デメリットを全解説!