「なぜ、現代のテレビゲームに弓メインのゲームが存在しないのか?」

だいたいゲームに登場する弓やボウガンはサブウェポン的な扱いでメインウェポンに出来るのは少ないです。私が知る限り弓をプレイヤーの意志でメインウェポンでゲーム内で生きていけるのはPS4ソフトの「ホライゾン:ゼロドーン」、「メタルギアサヴァイブ」、「アサシンクリード:オリジン」そして「アサシンクリード:オデッセイ」でPS3では「クライシス3」が有名で人気です。同じPS4で「スナイパーゴーストウォリヤー3」の初回特典の1つに武器として「コンパウンドボウ」が追加されますがこれでは

敵兵までの飛距離が足りず威力も全然ないので動物を狩猟するしかないような武器です。もちろん近接戦でも弱いです。しかし最近発売された「アサシンクリード:オデッセ

イ」はかなり弓を主人公に出来るゲームでしかもオープンワールドでTPSで主人公はパルクールでどこでも登れるので弓でのステルスキルどころか、目立つところでも弓で敵

を一気に圧制できるゲームないようになっており「弓をメインウェポンとしたゲーム」としては自分史上では最高位のゲームだと思います。しかしこのゲームにもレベルアッ

プと共に「アサシン(暗殺)」「ウォリアー(戦闘)」そして「ハンター(弓)」があり個人的には最初からハンターをレベル育成したいのですが、傭兵や敵兵や盗賊を相手

にするとなると「ウォリアー」を序盤に固めてハンターでもし弓をはずした場合(エイムアシストがあるので外す事はあまりないですが)敵が自分よりレベルが高かった場合

近接格闘能力が必要になってきます。この時点でハンターと言われる弓はサブウェポンで鉈や剣、槍で戦うのがメインになります。ハンター(弓)で敵を殲滅するのは相当な

経験値とレベルが必要となります。しかしそれでもこの「アサシンクリード:オデッセイ」はかなり楽しめる物でハンターの中でも「アローマスター」というスキルがあり他

にも海外版PS4ソフトの「スナイパーエリート4」のような主人公かつプレイヤーが敵に弓矢を打てばスローモーションで敵が弓矢に射抜かれる場面があるスキルがあります

。そしてさらにレベルが多くなりハンターをえこひいきしてスキルアップをすると矢じりに炎がつけることができて読んで字の如く集中砲火できたり、3本同時に弓矢を放てる

ようになります。今現在では弓ゲームの救世主であるのはPS4ソフト「アサシンクリード:オデッセイ」かもしれません。

弓と言えばこの前作の「アサシンクリード:オリジンズ」では弓は確かに出てきますがこのゲームは剣と盾のチャンバラを重視しているようなゲームであまり弓にはフォー

カスされていません。もしこのゲームが弓にもっとフォーカスされていればかなりの高評価を得られたと思います。根拠はグーグルで「アサシンクリード 弓」と検索する

と多くのウェブ記事が「アサシンクリードオデッセイの最強弓」や「オデッセイの弓は最強」など「アサシンクリード 弓」と検索しただけなのに話題や記事は「アサシン

クリードの弓の最強説」や「オデッセイで最強の弓の作り方」で沢山でアサシンクリードオリジンズに関する弓の記事は1ページ目の見出しで1つしかありませんでした。こ

れもいかに「アサシンクリード:オデッセイ」のハンターこと弓の重要性が強いか分かります。

まず弓ゲームがなぜが良いと言うと拳銃よりカッコいいからです。そして私はアメコミが大好きでその中でDCコミックスの中のスーパーヒーローで超能力を持たない大富豪

で緑のフードとアイマスクとコスチュームと緑色の弓矢とボウで様々な悪人を射抜く「グリーンアロー」というヒーローがかなりカッコよくこんなヒーローのようなゲーム

をプレイしてみたいと探しに探しましたが、あったのはPS3「クライシス3」とPS4「ホライゾン:ゼロドーン」と「アサシンクリード:オデッセイ」そしておまけで「アサ

シンクリード:オリジンズ」と海外版PS4ソフトの「インジャスティス2」とPSVita「インジャスティス」だけでした。しかも「これぞ弓ゲーム!!」というゲームはかなり

少なく弓に近いゲームで言うと「ホライゾン:ゼロドーン」と「アサシンクリード:オデッセイ」でグリーンアローに近いゲームで言うと「インジャスティス」シリーズだ

と思います。そして弓はかなりステルスに向いている武器で映画「ランボー2怒りの脱出」や「ランボー:最後の戦場」ではランボーはなぜ弓を使うの?と聞かれると「威

力があり静かだから」と発言するシーンがあります。まさにその通りです。今作の「アサシンクリード:オデッセイ」はハンター(弓)を個人的にずっと鍛え上げれば最高

の弓ゲームになると思います。例えば敵兵のアジトで見張りを遠距離から弓矢でステルスキルできますし他の敵兵に見つかったとしてもある程度の距離やあらかじめ距離を

取ったり高台や山岳の高い所にいそんでいれば全員弓矢で射殺することが出来ます。しかし距離を詰められると絶対に近接格闘になります。これはゲーム「インジャスティ

ス」シリーズでもグリーンアローは近接格闘の時にボウに仕込んでいたナイフでボウを繋がった双剣みたいに戦っていました。しかしそれもまた弓ゲームの完全な魅力だと

は思いますが多少の妥協点だと思います。ボタン1つで弓矢を撃ちまくる主人公はスマホゲーム以外ではいませんので現時点では「インジャスティス」シリーズか「アサシン

クリード:オリジンズ」か「アサシンクリード3」か一番弓ゲームに近いのが「アサシンクリード:オデッセイ」なのかもしれません。

近い未来完全な弓ゲームを生まれてくることを心から願ってます。